2015年8月22日土曜日

SoftLayerに追加したいもの - 冗長化DHCPサーバー

SoftLayer Bluemix summit2015

SoftLayerでは、DHCPサーバーがなくても動くように設計されています。そもそも、サーバーのIPアドレス設定をDHCPサーバーで実現することがあるのか、という話もありますが、最近はよくあるみたいです。クラウドで利用するOSイメージにIPアドレス設定を埋め込みたくない、というニーズに対応するためです。
他の有名どころのクラウドにはあるのにSoftLayerにはない、というのではなんとなく悔しいので、簡単に追加できることを紹介したいと思います。

前回書いたGateway Applianceには、DHCPサーバー機能が入っています。こちらを利用すれば問題なく使えます。ただ、金額を考えると「簡単に」利用できるとは言い難いのが難点です。
そこで、ISC謹製のDHCPサーバーを構築します。以前、冗長化されたDNSサーバーの構築方法を何度か記載しているので、そこにDHCPサーバー機能も同居させればよいだけです。

DHCPサーバーの冗長化については、ISCのDHCPサーバーが標準機能として自前で用意されているので、その設定を入れれば完了です。

設定方法を書こうかと思ったのですが、すでに色々な方が言及されているので、ここでは繰り返しません。他の人がすでに書いていることはできるだけ書かない方針だからです。
問題なく動いた、ということだけとします。

AWSだと、自前でDHCPサーバーを構築しても動きません。L2ネットワークがかなり特殊な状態になっているからです。利用できる機能もかなり限定されています。IPアドレスの配布以外では、ドメイン名を配信するくらいしか役に立たなかったように記憶しています。

ISC謹製のDHCPサーバーを用意すれば、MACアドレスによる制御もできますし、独自に立てたDNSサーバーやルーター情報等を配信することもできます。
SoftLayerのベアメタルサーバーではPXEブート機能が有効化されているので、tftpサーバー等も用意すれば、ESXiの無人インストールも動きます。動くのは理屈でわかっていたのですが、実際に動かしてみると面白かったです。ただし、NICを冗長化している場合は、やめた方がいいかもしれません。

オンプレでできることはSoftLayer上でも容易に実現できる事が多い、というメリットをもっとうまく宣伝できればよいのではないかと思っておりますが、できないことの方が世間の話題になりやすいので、難しそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿