2015年4月4日土曜日

VMware NSX @SoftLayer - その4 【vCenterサーバー構築】


vCenter Serverを構築します。

冗長化されたデータベースを構築し、冗長化されたWindows ServerにvCenterサーバーをインストールしたいところですが、vCenter Server Applianceをデプロイするお手軽構築とします。
vCenter Server Heartbeatの販売が終了し、冗長化したい場合は、Windows Server でWSFCによる冗長化を施すことになると思いますが、そのためには更に冗長化したActive Directoryも構築する必要があり、冗長化されたデータベースの構築手順から述べていると、いつになったらNSXにたどり着くのか、という声も聞こえてきそうなので、とりあえずはvSphere HAによる冗長化で十分、その他の要件もApplianceで満たすことが出来る、ということにして話を進めたいと思います。


vCenter Server Applianceをデプロイし、初期設定を行います。


【vCenter Server Applianceのデプロイ、初期設定】

①VMware社のサイトからvCenter Server ApplianceのOVAファイル (VMware-vCenter-Server-Appliance-5.5.0.20400-2442330_OVF10.ova) をダウンロードする。

②vSphere Clientにて、mgesxi01にログインする。

③vCenter Server ApplianceのOVAファイルをデプロイする。
  ファイル: VMware-vCenter-Server-Appliance-5.5.0.20400-2442330_OVF10.ova
  名前: nsxvca01
  ストレージ: mgesxi01-das01
  ディスクのフォーマット: Thin Provision

④仮想マシンをパワーオンする。

⑤コンソールにてログインする。
localhost.localdom login: root
Password: vmware

⑥ネットワークを設定する。
localhost:~ # /opt/vmware/share/vami/vami_config_net

 Main Menu

0)      Show Current Configuration (scroll with Shift-PgUp/PgDown)
1)      Exit this Program
2)      Default Gateway
3)      Hostname
4)      DNS
5)      Proxy Server
6)      IP Address Allocation for eth0
Enter a menu number [0]: 6
Type Ctrl-C to go back to the Main Menu

Configure an IPv6 address for eth0? y/n [n]: n
Configure an IPv6 address for eth0? y/n [n]: y
Use a DHCPv4 Server instead of a static IPv4 address? y/n [y]: n
IPv4 Address []: 10.91.17.235
Netmask []: 255.255.255.192
IPv4 Address:   10.19.17.235
Netmask:        255.255.255.192

Is this correct? y/n [y]: y

Reconfiguring eth0...
    eth0      device: VMware VMXNET3 Ethernet Controller (rev 01)
    eth0      device: VMware VMXNET3 Ethernet Controller (rev 01)
vami_login: no process found
Network parameters successfully changed to requested values

 Main Menu

0)      Show Current Configuration (scroll with Shift-PgUp/PgDown)
1)      Exit this Program
2)      Default Gateway
3)      Hostname
4)      DNS
5)      Proxy Server
6)      IP Address Allocation for eth0
Enter a menu number [0]: 4

Warning: if any of the interfaces for this VM use DHCP,
the Hostname, DNS, and Gateway parameters will be
overwritten by information from the DHCP server.

Type Ctrl-C to go back to the Main Menu

DNS Server 1 []: 10.91.17.251
DNS Server 2 (optional) [10.91.17.251]: 10.91.17.252
DNS Server settings updated

 Main Menu

0)      Show Current Configuration (scroll with Shift-PgUp/PgDown)
1)      Exit this Program
2)      Default Gateway
3)      Hostname
4)      DNS
5)      Proxy Server
6)      IP Address Allocation for eth0
Enter a menu number [0]: 3

Warning: if any of the interfaces for this VM use DHCP,
the Hostname, DNS, and Gateway parameters will be
overwritten by information from the DHCP server.

Type Ctrl-C to go back to the Main Menu

New hostname [localhost.localdom]: nsxvca01.pod1.example.com
Host name has been set to nsxvca01.pod1.example.com

 Main Menu

0)      Show Current Configuration (scroll with Shift-PgUp/PgDown)
1)      Exit this Program
2)      Default Gateway
3)      Hostname
4)      DNS
5)      Proxy Server
6)      IP Address Allocation for eth0
Enter a menu number [0]: 2

Warning: if any of the interfaces for this VM use DHCP,
the Hostname, DNS, and Gateway parameters will be
overwritten by information from the DHCP server.

Type Ctrl-C to go back to the Main Menu

0)      eth0
Choose the interface to associate with default gateway [0]: 0
Gateway will be associated with eth0
IPv4 Default Gateway []: 10.91.17.193
IPv6 Default Gateway []: 
Reconfiguring eth0...
    eth0      device: VMware VMXNET3 Ethernet Controller (rev 01)
    eth0      device: VMware VMXNET3 Ethernet Controller (rev 01)
vami_login: no process found
Network parameters successfully changed to requested values

 Main Menu

0)      Show Current Configuration (scroll with Shift-PgUp/PgDown)
1)      Exit this Program
2)      Default Gateway
3)      Hostname
4)      DNS
5)      Proxy Server
6)      IP Address Allocation for eth0
Enter a menu number [0]: 1

localhost:~ # exit

※Timezone設定はUTCから変更不可。仕様変更。

⑦ブラウザを開き、以下のURLにアクセスする。証明書エラーは無視。
https://10.91.17.235:5480/

⑧ログインする。
User name: root
Password: vmware

⑨EULAを受け入れる。

⑩「Customer Experience Improvement Program」にて「Next」選択する。

⑪「Configure with default settings」を選択する。

⑫「vCenter Server Setup」を「Start」する。

⑬[vCenter Server]-[Summary]-[vCenter]-[Server]で「Stop」する。

⑭[vCenter Server]-[SSO]にて、administrator@vsphere.localのパスワードを設定する。

⑮[vCenter Server]-[Summary]-[vCenter]-[Server]で「Start」する。

⑯[vCenter Server]-[Time]にて、NTP設定する。
NTP servers: time.service.networklayer.com

※「ntp01.pod1.example.com,ntp02.pod1.example.com,ntp03.pod1.example.com」を
 登録しようとしたがうまくいかなかった。

⑰[Admin]にて、administrator (root) のパスワードを変更する。


vami_config_netコマンドによるネットワーク設定は、下から実施していくのがポイントです。上から設定してくとバグ(仕様?による落とし穴)を踏みます。
ESXiのntpデーモンとSLESのntpデーモンはバージョンの関係で同期できないようです。


ここからの作業は、vSphere Web Clientにて実施していきます。
vSphere Web Clientを使うためにブラウザでAdobe Flashが動くようにしておく必要があります。
また、クライアント統合プラグインもインストールしておく必要があります。
vSphere Clientの使用は禁止です。
vSphere Clientで操作すると、vCenter Serverのデータが壊れる事象が報告されており、VMware社はサポート範囲外だから使ってはいけない、と開き直っています。潔く、アンインストールしておいた方がよいです。あると、どうしても使いたくなってしまいます。ただし、今回の構成だとvCenter Server Applianceの起動、デプロイに必要なので、どこかに残しておく必要があります。vCenter Server等は、SoftLayerの仮想サーバーで構築すべきかもしれません。そうすれば、vSphere Clientを一度も使うことなく構築できます。

vSphere Web Clientにてログインします。


【vSphere Web Clientによるログイン】

①以下のURLにアクセス。証明書のエラーは無視。

https://nsxvca01.pod1.example.com:9443/vsphere-client/

②ログインする。

ユーザー名: root
パスワード: ********



vCenter Serverのランタイム設定を変更します。


【vCenter Serverランタイム設定変更】

①[ホーム]-[vCenter ホーム]-[vCenter Server]-[nsxvca01]-[管理]-[設定]-[全般]にて[編集]を選択。

②ランタイム設定にて、「vCenter Server の一意 ID」を確認。他のvCenter Serverと異なる値 (0~63) を指定。

③「vCenter Server管理対象アドレス」を指定。

④「vCenter Server名」をFQDNで指定。

⑤vCenter Server再起動。

⑥再ログイン。


vCenter間で②の値がダブっていると、仮想マシンに自動で割り当てられるMACアドレスが一意にならない虞があります。既存のvCenter Serverの値と比較し、同じ値のものがあった場合は変更しておきます。
vCenter ServerのIPアドレスや名前を変更した場合は、「vCenter Server管理対象アドレス」「vCenter Server名」欄への入力が必須となります。変更していなくても、入力が必須という手順書を作成しておいた方がよいと判断しています。ここの設定漏れのために、かなりの時間を浪費してしまいました。一般向けのナレッジには記載されていませんが、VMware社内用ナレッジには、ここに正しい値を入れないとNSXのインストールに失敗する事例が掲載されているそうです。
設定変更後、vCenter Serverを再起動します。


ライセンスを登録します。


【vSphereライセンスキー割り当て】

[ホーム]-[vCenter ホーム]-[vCenter Server]-[nsxvca01]-[管理]-[設定]-[全般]にてvCenter Serverのライセンスキーを割り当てる。
試用版ライセンスで操作を続ける場合には、この設定は不要。

[ホーム]-[ライセンス]-[ライセンス キー]で、ESXiのラインセンスを登録する。
試用版ライセンスで操作を続ける場合には、この設定は不要。



データセンターを作成します。


【新規データセンター作成】

データセンター名: NSX1



vCenter Serverの初期設定は以上です。

http://www.vmware.com/files/jp/pdf/techpaper/vmware-vcenter-server-availability-guide.pdf
こちらを参照しながら、そのうち、WSFCによる冗長化に取り組もうと思います。最近まで、WSFCによるvCenterの冗長化は非サポート扱いだったと思いますが、どうなったのでしょうか???

0 件のコメント:

コメントを投稿