2014年9月14日日曜日

SoftLayerに冗長化NFSサーバを(その8)

時間課金の Bare Metal Server が登場し、Bare Metal Instance が廃止となりました。
そこで、時間課金の Bare Metal Server 検証をします。NFS サーバの検証機として使えるかどうかも考察します。
香港データセンタで4種類すべて試してみます。
残念ながら、どれも RAID コントローラは搭載されておらず、また、カスタマイズもできません。選べる OS は、当初言われていたものよりも選択肢が増えています。Windows Server も、ESXi も選べます。RHEL は選べません。CentOS で発注します。パーティションテンプレートは「Linux Extra Partition」とします。NIC は 1Gbps 冗長化とします。


[Ⅰ]
金額: $0.465/hour、$339/month (Surcharges なし)
NIC 1Gbps 冗長化 ($0.050/hour)
CPU: Single Processor Xeon 1270 4Cores 3.40GHz
Memory: 8GB
Storage: HDD 1TBx2

(結果)
金額: $0.515/hour (定価と同じ金額)、約 $386/month
デプロイ時間: 56分
CPU: Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1270 v3 @ 3.50GHz 8Cores
Memory: 8GB
Storage: 1TB HDD x2
Sequential Write (10GB): 190MB/s


[Ⅱ]
金額: $1.094/hour、$799/month (Surcharges なし)
NIC 1Gbps 冗長化 ($0.050/hour)
CPU: Single Processor Xeon 1270 4Cores 3.50GHz
Memory: 32GB
Storage: SSD 400GBx2

(結果)
金額: $1.144/hour (定価と同じ金額)、約 $858/month
デプロイ時間: 24分
CPU: Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1270 v3 @ 3.50GHz 8Cores
Memory: 32GB
Storage: 1TB SSD x2
Sequential Write (10GB): 400MB/s


[Ⅲ]
金額: $0.926/hour、$675/month (Surcharges なし)
NIC 1Gbps 冗長化 ($0.050/hour)
CPU: Dual Processor Xeon 2620 12Cores 2.00GHz
Memory: 32GB
Storage: HDD 1TBx4

(結果)
金額: $0.976/hour (定価と同じ金額)、約 $732/month
デプロイ時間: 71分
CPU: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2620 v2 @ 2.10GHz 24Cores
Memory: 32GB
Storage: 1TB HDD x4
Sequential Write (10GB): 190MB/s


[Ⅳ]
金額: $1.299/hour、$947/month (Surcharges なし)
NIC 1Gbps 冗長化 ($0.050/hour)
CPU: Dual Processor Xeon 2620 16Cores 2.00GHz
Memory: 64GB
Storage: HDD 1TBx4

(結果)
金額: $1.349/hour (定価と同じ金額)、約 $1012/month
デプロイ時間: 61分
CPU: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v2 @ 2.60GHz 32Cores
Memory: 64GB
Storage: 1TB HDD x4
Sequential Write (10GB): 180MB/s


比較のために RAID コントローラ搭載で一番安い Bare Metal Server も発注します。


[Ⅴ]
金額: $169/month
NIC 1Gbps 冗長化 ($40/month)
RAID Controller ($50/month)
CPU: Single Processor Xeon 3450 4Cores 2.66GHz
Memory: 4GB
Storage: SSD 32GBx2 ($13/month x2)

(結果)
金額: $305/month (定価と同じ金額、含む Surcharges $20/month)
デプロイ時間: 6時間
CPU: Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1270 v3 @ 3.50GHz 8Cores
Memory: 8GB
Storage: 1TB SSD x2
RAID Controller: Adaptec ASR71605
Sequential Write (10GB): 390MB/s


謳い文句通り30分でデプロイが完了するかどうかですが、残念な結果となっています。週末だからなのかもしれません。作業員がまだ慣れていないのかもしれません。ただし、Bare Metal Instance の時と比べると格段に速くなっています。

金額は、最初に提示されていた金額と、最終的に提示される金額が一致していました。Surcharges の課金はありませんでした。同じ筐体で月額課金を選んでも Surcharges 課金はありませんでした。料金面で考えると、1か月以上の連続稼働を想定している場合は、時間課金の Bere Metal Server の発注をお勧めできない感じです。同じ料金で別の月額課金のみの筐体を選んだ方が魅力的です。おまけ(メモリや HDD が発注したものよりも大きい容量で支給される等)もついてきそうですし…。

CPU はシングルプロセッサを選んだ場合でも2倍のコア数で支給されました。デュアルプロセッサを選んだ場合も2倍のコア数で支給されました。このあたりの計算式がよくわかりません。

メモリは注文したサイズで支給されています。ただし、月額課金の [Ⅴ] は 8GB の支給がありました。Bare Metal Instance の時と同じで、物理サーバでは最低 8GB 支給されるようです。

SSD は、相変わらず、どのサイズで注文しても 1TB 品が支給されるようです。SSD のみの追加注文時はこの限りではないようです。
シーケンシャルライトについては、概ね想像通りです。上記にはありませんが、仮想サーバで 180MB/s 出ているので、仮想サーバにおける I/O 性能の高さが際立っている気がしています。

今後の NFS サーバに関する連載は、1号機を [Ⅴ] で、2号機を [Ⅰ] でテストするようにしたいと考えています。仮想サーバ同士での冗長化は意味がない場合(同じハイパーバイザ上で動く場合)があり、今回の構成であれば2号機のみを仮想サーバにしても動きますが、採用する人が少なそうなのでやめておきます。
[Ⅰ] については、2台目の HDD を無視することとします。そうすれば、Bare Metal Instance と同じ扱いでよいです。ソフトウェア RAID による構成も考えましたが、1か月以上の連続稼働を想定しないのであれば無駄な努力だと考えました。ローカルのデータを守りたいのであれば RAID コントローラを構成すべきです。また、NIC の冗長化をしないことにします。Clientサーバを仮想マシンで構成し、私が現時点で想定しているパターンを一通り検証しやすい構成とします。投稿をアップする直前に念のため1号機、2号機ともに仮想マシンで構築しなおしてみることとします。

SoftLayer の魅力は何と言っても物理サーバにあります。現在の私の使い方としては、週末だけしか使わないので、時間課金は非常にありがたいです。Bare Metal Instance なみに安い時間課金物理サーバがあればよかったのですが、残念です。私的には単なる値上げのみで終わりました。AWS のように、安いだけが魅力の本番環境では全くと言っていいほど使い物にならない客寄せパンダ目的のもの (T1.micro とは異なり現行最安の T2.micro はそれなりに使えるかも? 検証中) も用意してくれた方が検証目的では非常に有り難いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿